旅日記

DCIM0258

岩手(北上)

だいぶ久しぶりの旅日記です。今度、北上展勝地に行くので紹介したいなと思い、書き始めました。ではさっそく、

DCIM0258

綺麗ですよね!ここは北上展勝地です。この写真は朝の六時に行って撮った写真です。朝の空気が清々しくてよかったです。個人的に朝早くに行くのがおすすめです。この次の年に行った時の写真は、

DCIM0662

結構緑っぽいのが見えてしまいました。桜の見頃は本当にわからない。ですが、

DCIM0672

鯉のぼりを観ることが出来ました。いっぱいあって感動しました。

 

北上展勝地でのほんわかエピソード。北上展勝地に来ていた親子三人組。三十代ぐらいの夫婦と2、3歳ぐらいの子供。三人で仲良く歩いていました。突然、子供が歩みを止めました。突然止まったのでお母さんの方が「どうしたの?」と聞くと、笑いながら「お母ちゃん、おしり!」とお母さんのお尻を軽く触り、その後に「お父ちゃん、おしり!」とお父さんのお尻を触りました。それをみていた母と私は大笑いしました。

また、北上展勝地に行くの楽しみだな~



DCIM0018

岩手(花巻)

岩手県と言ったら、宮沢賢治ですね!宮沢賢治文学は児童向けと言いながらぜんぜん、児童向けじゃないです。この年になって、感銘をうけるぐらいです。王道すぎるのですが一番好きなのが、「注文の多い料理店」です。宮沢賢治をいろいろ読んだのですが、一番わかりやすくていいと思います。最初は宮沢賢治記念館の紹介です。

DCIM0014

最初に猫ちゃんがお出迎えしてくれました。中は宮沢賢治に関するいろいろな資料があり、感動しました。生原稿とか、雨にも負けずを書いた手帳がありました。レストランがあったのですが、お値段がお高めでした。

DCIM0015

宮沢賢治記念館から撮った写真です。綺麗に撮れました。加工はぜんぜんしてません。自然の力です。

DCIM0018

賢治さんがデザインした花壇?です。時期がよくて花がきれいに咲いていました。

 

宮沢賢治は自然を愛した人なので、記念館も自然豊かで綺麗なところでした。こんな自然豊かな記念館ないと思います。春とか夏に行くのがおすすめです。

 

 


07弘前

青森(弘前)

07弘前08弘前

念願の弘前の桜です。とても綺麗でした。私、春の生まれなので桜が好きです。ピンクが好きだからかな?

弘前城は太宰治の「津軽」に出ていました。すごかったのが、街全体が渋滞を起こしていたことです。車でいったんですけど、行くのにも出るのにも渋滞で、すごかったです。

 

これが観れるのが、あと約十年後…。観に行ってよかったです。今度は子供連れて行きたいですね。弘前に!


06浅虫2

青森(三内丸山遺跡・浅虫)

次に行った青森は、花見の頃でした。弘前の桜を母が観に行きたいと言って行ったのですが、桜がまだ咲いていなくてがっかりしました。そこで、予定変更で三内丸山遺跡に行きました。

05三内丸山遺跡

私、歴史は得意だし好きですが、縄文時代とか弥生時代はあまり興味ありませんでした。が、ここはすげーと思いました。時が止まっている感じがしました。そして、写真の右側にあるあれ!(笑)もののけ姫の展望台みたいと思ったけど、どうやって登るの?てか、どうやって作ったの!?って感じでした。実際近くでみると大きいです。昔の人ってすげーと思いました。

 

06浅虫2

次に行ったのは、浅虫です。太宰治の津軽にも名前が載っていました。ここは湯の島です。

06浅虫06浅虫3

すごくいい天気でした。向こうまで観えました。すごーい。ですが、風が強くそして荒波でした。弟も一緒でしたが、また十和田湖と同じ「押すなよ!」といいながら右の写真を撮りました。

 

今度は温泉入りたいです。また、晴れるといいな行く時。


04斜陽館2

青森(五能線・斜陽館)

前回私が太宰治が好きだと話ました。ずっと斜陽館に行きたいと思っていました。受験に合格したお祝いで斜陽館に連れてってくれました。嬉しかったです。

02五能線

この写真は行く途中に海がみたいと降りたら、五能線が向こうから来て海と電車を一緒に撮りました。父が(笑)うまく撮ったなと思います。この電車に乗ってみたいなと思いました。

 

03斜陽館

斜陽館です。すごい雪でした。でも、いい絵が撮れました。これは最初に入る前に撮ったものです。斜陽館の中はとても寒かったです。ですが近代的な家でした。和式の部屋と洋式の部屋があり、今の時代の部屋っぽいなと思いました。ほかにも太宰治の資料などがあり、感動しました。太宰さんの学生時代の作文は、やっぱりレベル高かったです。

04斜陽館2

全体、写真です。もっと斜陽館以外の太宰ゆかりのところに行きたいです。

 

 


01十和田湖

青森(十和田湖)

上野発の夜行列車〜の青森です。私、青森はすごく好きです。りんごも果実の中で大好きだし、太宰治の文学はとても面白いです。私がおすすめなのは、「思い出」です。太宰さんの少年時代の話で、思わずクスリとしてしまうところもあります。「津軽海峡冬景色」と言った名曲もあり、この歌もすごく好きです。あと、新沼謙治さんの「津軽恋女」とかももいろクローバーzのれにちゃんがソロで歌った「津軽海峡竜飛岬」もすごく好きです。

さて、本編に入ります。

01十和田湖

ここはどこでしょうという話ですが、ここは十和田湖です。

「えぇ!」って思うでしょう。もうすごい吹雪でした。頑張って車から出て、外で撮りました。弟もいたのですが、私が弟に必死な顔で「押すなよ!落ちるから!」と言いながら撮りました(笑)こんなとこで湖に落ちたらシャレになりません。

これが私の初青森でした。今度また行きたいです、十和田湖。今度は雪のないときにでも…